東京オリンピック エンブレムデザイン

東京オリンピックのエンブレムデザインについて問題になってますが、私も考えてみました。賛否あると思いますが、テーマは「祈りと復興」です。祈りの象徴でもある折鶴をモチーフとして、色は日本の伝統色(深緋こきひx錫色すずいろ)を採用し日本独特の色調で表現しています。

ここ十年で最も大きかった出来事といえば、東日本大震災。世界中にも知れ渡っているこの事実。力強く生きている被災地の人々、そして祈りと復興への願い、というのがこの先10年、20年、そして永久に語り継がれるべき事であり、日本全体が巻きこまれた、まだ風化してはならないこの出来事を世界中で共有し、美化された概念ではなく、私達の逞しくエネルギッシュな生き様をストレートに表現すべきだと思いました。

まぁ、こういった種類のエンブレムデザインというと、一部の人達によって選ばれて採用されるものなのでそれがどれほどのセンスをもってか知りませんが、現状のデザインはコンセプトやメッセージが強引なこじつけで、意味合いも今の日本になじんでいないように思います。(すべて個人的な意見です)

150822_01.jpg