新しい学習塾の戦略

顧客である学習塾運営会社「UNDEUX」からの依頼を受けて、新しい学習塾のかたちづくりに取り組んでいます。
昔と違って、塾で学校では足りない部分の補充をするのが当たり前の現代。
どれだけのことを効率よく身につけてくれるかというところが肝の部分で、父兄の方への見せ方にも工夫が必要な時代。なるべく気軽に分かりやすく身近に感じてもらいたい、ということでファッション的な他業界のセオリーを取り入れた画期的な仕組みを考案した、一歩進んだ会社がUNDEUXです。

代表の話を聞くとまったく新しい塾のかたちがほんのりと浮かび上がってきます。それを明確にかたちにしていくのが私の仕事です。人の頭と心の中を把握するために一度裸になってもらい(洗いざらい気持ちをぶつけるという意味です)理解して図画に落とし込んでまとめていくことから始まります。

その後、見たことも感じたこともない鮮烈な印象を作り出して、間違った方向へ導かないように調整していきます。それがブランドが事業を狙った方向へ引っ張っていく力だと考えます。見た目だけみると簡単にできそうだと思えるでしょうが、情熱と経験と知識がバランスよく備わっていないとなかなか難しい作業なのです。ゆえに、私にとって「理解力」、「判断力」、「表現力」は常に磨き続けている最優先事項となっています。

121009_01.jpg